九族桜祭り

桜紅の感動

九族の桜花祭が行なわれる九族文化村の二月は桜が満開の季節です。園内では二千株余りの桜が一斉に花開きます。毎年二月に開催される九族桜花祭は、数十万もの来園客を引き付けすでに台湾において最も重要な花見イベントの一つとなっています。 2005年から当文化村では夜桜花見を開催し、全国の人々に感動を与えています。九族文化村の夜桜は神秘的なムードの宵の中、桜にロマンティックの装いを施し、「イルミネーション」の技術を駆使して不動の明かりと色とりどりの光で夜桜の光の回廊を作り出しています。夜間の花見でも昼間の花見の延長のように、一種の音と光が組み合わされた魅力ある演出となっており、来園客はこれまでと違った神秘的な雰囲気を楽しむことができます。

あまり知られていないことかもしれませんが、東アジアで一番初めの一輪の桜は北回帰線が通過する台湾に咲きます。そして台湾で最も早く、最も盛大な花見が行われるのは台湾の中心にある日月潭湖畔の九族文化村です。桜前線を追いかける時、毎年1月末と2月の間は台湾日月潭の九族文化村でアジアでその年最初の花見がおこなわれルことを忘れないでくださいね。

榮膺日本桜協会が指定した「さくら名所優選の地」の記念碑

2003年に日本桜協会が初めて第19代桜女王を桜の親善大使として台湾訪問し、50本の桜の苗を九族文化村に贈り、この時から台湾と日本の桜による友情が芽生え始めました。 2013年日本桜協会の第24代目の桜女王が再度の台湾訪問を行い、特に九族文化村を日本の海外「さくら名所優選の地」の記念碑を建てました。この出来事は日本桜協会が1990年以来の日本認定で「日本さくら名所100選」後の、海外初桜名名所と認定しているものであり、誉れ高く、實に容易ではないことが分かります。